出典名

かな

出典名

かな

 前田本枕草子  まえだぼんまくらのそうし
宵の程 よいのほど
摩訶止観 まかしかん 夜色のかたまり よいろのかたまり?
摩訶僧祇律 まかそうぎりつ 揚子法言 ようしほうげん
枕草子 まくらのそうし 夜討曾我 ようちそが
満散利久佐 まさりぐさ??? 用明天皇職人鑑 ようめいてんのうしょくにんかがみ
増鏡 ますかがみ 瓔珞経 ようらくきょう
松風 まつかぜ 養老 ようろう
末灯鈔 まっとうしょう? 義氏 よしうじ??
松の葉  まつのは 義経千本桜 よしつねせんぼんざくら
毬唄三人娘 まりうたさんにんむすめ? 吉野都女楠 よしのみやこおんなくすのき
万寿二年阿波守義忠歌合 まんじゅにねんあわのかみのりただうたあわせ? 吉原讚嘲記時之大鞁 よしわらさんちょうきときのたいこ?
万代和歌集 まんだいわかしゅう  吉原人たばね よしわらひとたばね?
万葉集 まんようしゅう 余冬序録 よとうじょろく?
      淀鯉出世滝徳 よどごいしゅっせのたきのぼり 
三日月阿専 みかづき?? 世中貧富論 よのなかひんぷくろん 
三河物語 みかわものがたり 頼政 よりまさ
神酒の口 みきのくち? 夜の寝覚 よるのねざめ
水掛聟 みずかけむこ 与話情浮名横櫛 よわなさけうきなのよこぐし
三千風笈さがし みちかぜおいさがし?
   
湊の月 みなとのつき?
 
  礼記 らいき
源義経将棊経 みなもとのよしつねしょうぎきょう   頼光跡目論 らいこうあとめろん
水馴棹 みなれざお ?
羅生門 らしょうもん
皇都午睡 みやこのひるね?
   
妙好人伝 みょうこうにんでん
六朝事迹編類 りくちょうじせきへんるい?
名語記 みょうごき
六韜 りくとう
妙法蓮華経 みょうほうれんげきょう   俚言集覧 りげんしゅうらん
    劉子新論 りゅうししんろん
令子洞房 むすこべや 梁元帝纂要 りょうげんていさんよう?
処女翫浮名横櫛 むすめごのみうきなのよこぐし 梁甫吟 りょうほぎん
  武玉川 むたまがわ 呂氏春秋 りょししゅんじゅう
  陬蓬莱曾我 むつまじきほうらいそが? 臨済録 りんざいろく
胸突 むねつき
林泉高致  りんせんこうち
無名抄 むみょうしょう
   
無門関 むもんかん  
  類聚名義抄 るいじゅうみょうぎしょう
紫式部日記 むらさきしきぶにっき
類船集 るいせんしゅう
無量寿経 むりょうじゅきょう
   
       
  霊怪録 れいかいろく?
名歌徳三舛玉垣 めいかのとくみますのたまがき   
  霊験曾我籬 れいげんそがのかみがき?
明月記 めいげつき
冷斎夜話 れいさいやわ
  明心宝鑑 めいしんほうかん   歴代名画記 れきだいめいがき
冥途の飛脚 めいどのひきゃく 列子 れっし
伽羅先代萩 めいぼくせんだいはぎ 列子斎口義 れっしけんさいぐき?
      列女伝 れつじょでん
蒙求 もうぎゅう 列仙全伝 れっせんぜんでん
孟子 もうし 列仙伝 れっせんでん?
戻橋 もどりばし 連歌毘沙門 れんがびしゃもん
戻橋脊御摂 もどりばしせなのごひいき 
連獅子 れんじし
?狩剣本地 もみじがりつるぎのほんち
連理秘抄 れんりひしょう
捫蝨新話 もんじつしんわ?
   
文選 もんぜん
ローマ皇帝伝 ろーまこうていでん
    老子 ろうし
八百屋お七 やおやおしち 老人雑話 ろうじんざつわ
野客叢書 やかくそうしょ 六人僧 ろくにんそう
  役者論語 やくしゃばなし   盧生夢魂其前日 ろせいがゆめそのぜんじつ?
  役者三津物 やくしゃみつもの?   ロドリゲス日本大文典 ろどりげすにほんだいぶんてん?
  薬水 やくすい
論語 ろんご
薬徴 やくちょう
論衡 ろんこう
櫓太鼓鳴音吉原 やぐらだいこおともよしわら
   
八島 やしま    
 屋代本平家  やしろぼんへいけ
和歌九品 わかくほん
やっこはいかい やっこうはいかい? 若とくさ わかとくさ
宿無団七時雨傘 やどなしだんしちしぐれからかさ  吾輩は猫である わがはいはねこである
柳籠裏 やなぎかごうら?? 和漢朗詠集 わかんろうえいしゅう
柳多留 やなぎだる 倭訓栞 わくんのしおり
矢の根 やのね 和合人 わごうじん
大和本草 やまとほんぞう 和国丸 わこくまる?
大和物語 やまとものがたり 和語灯録 わごとうろく
鑓の権三重帷子 やりのごんざかさねかたびら 和州諸将軍伝 わしゅうしょしょうぐんでん?
      広原海 わたつうみ?
遺教経 ゆいきょうぎょう 和田宴 わだ??
維摩経 ゆいまぎょう 和田合戦女舞鶴 わだかっせのんなまいづる
幽怪録(玄怪録) ゆうかいろく ? 和名類聚抄 わみょうるいじゅしょう
夕霧阿波鳴渡 ゆうぎりあわのなると 童の的 わらわのまと?
遊子方言 ゆうしほうげん わらんべ草 わらんべぐさ
酉陽雑俎 ゆうようざっそ  椀久二世物語 わんきゅうにせのものがたり
雪女五枚羽子板 ゆきおんなごまいはごいた
雪の上の霜 ゆきのうえのしも
行平磯馴松 ゆきひらそなれのまつ
湯だらひ ゆだらい?
夢結蝶鳥追 ゆめむすぶちょうのとりおい
百合若大臣 ゆりわかだいじん
百合若大臣野守鏡 ゆりわかだいじんのもりのかがみ 
― 慣用句のTOP ―