【のま】〜【のん】

−−−−−−−のま(#noma)−−−−−−−
・飲まず食わず
(のまずくわず) 食料も飲料も取らずに過ごすこと。 例:「飲まず食わずで辿り着いた」

−−−−−−−のみ(#nomi)−−−−−−−
・飲み口が外れる
(のみくちがはずれる) 酒樽などの下方の詮が外れるという意味から転じて、小便が漏れること。
・呑み口上戸(のみくちじょうご) 酒樽(さかだる)の呑み口は酒を出したあと必ず捻(ひね)っておくところから、酔うと一理屈を捏(こ)ねる酒飲みのこと。
・飲み込み顔
(のみこみがお) 理解し納得した顔付きという意味で、何もかも心得ているような顔をしている様子。 
★揶揄的にいう場合に用いる<国語慣用句辞典(集)>
・飲み込みが付く(のみこみがつく) 納得できるという意味で、良く理解していなかったものごとについて、説明を受けて納得がいくということ。
・飲み込みが早い(のみこみがはやい)[=良い] 1.理解するのが早い。 例:「中々飲み込みが早いじゃないか」 2.幼児などが、物覚えが良い。 例:「下の子の方が飲み込みが早い」
・飲み込み仕事(のみこみしごと) 口約束だけで、気軽に引き受けてする仕事。
・飲み込み姿
(のみこみすがた) 良く知っているような振りをすること。通人ぶること。また、そのような様子、態度。 類:●物知り顔
・飲み込み違い(のみこみちがい)[=違(たが)え] 間違った理解をすることで、思い違い、考え違いのこと。
・飲み込み山(のみこみやま) 承知すること。引き受けること。 例:「呑み込み山の不如帰(ほととぎす)」 
★意味のない「山」を添えてしゃれていった語で、江戸で主に用いられた<国語大辞典(小)>
・飲み助
(のみすけ)・呑み助 大酒飲みや年中酒びたりの人を人名のように表わした呼び方。 類:●飲兵衛
・飲み潰れる
(のみつぶれる) 酒を飲み過ぎて意識を失う。泥酔して、その場で眠り込む、また、倒れる。
・鑿と言えば槌
(のみといえばつち) 1.鑿が必要だと言えば、一緒に使うはずの槌まで用意してくれることから、万事に気が利くこと。また、言われたことに対して機転を利かせて立ち回れということ。2.気脈(きみゃく)を通じている様子。気心が通じていて仲が好いこと。 類:●つうかあ(ツーカー)●打てば響く
・蚤取り眼
(のみのまなこ) 蚤を探し取るように、小さいものでも見逃すまいと、注意して探す目付き。辺りに気を配る鋭い目付き。 類:●蚤を取る眼 例:「蚤取眼になって探す」
・蚤の息さえ天に上る(のみのいきさえてんにのぼる・あがる) 力が弱い者や矮小な者でも、一心に行えば何事でも成し遂げることができる。 類:●蚤の息が天●蟻の思いも天に届く
・蚤の皮を剥ぐ
(のみのかわをはぐ) つまらないことに齷齪(あくせく)していること。
・蚤の四月蚊の五月
(のみのしがつかのごがつ) 蚤や蚊が発生する時候をいったもの。 用例:満期操典「蚤の四月蚊の五月、六月蝉の鳴き初め、七・八月は暑い頃」 
★現代では、「蚤の五月に蚊の六月」などとも言う。 ★「満期操典」は、兵隊仲間内で歌われた蔭歌(かげうた)のこと。
・蚤の小便蚊の涙
(のみのしょうべんかのなみだ) 極めて少量のこと。ほんのちょっとのこと。 類:●雀の涙
・蚤の心臓
(のみのしんぞう) 非常に臆病な人の喩え。些細なことに驚くような人にも言う。 例:「図体は大きいが蚤の心臓だ」
・蚤の夫婦
(のみのふうふ・めおと) 蚤の雌は雄より大きいというところから、夫より妻の方が、身体が大きい夫婦のこと。
・蚤も殺さぬ
(のみもころさぬ) 小さな蚤さえも殺さないという意味から、非常に優しく大人しい気質を表わす。 類:●虫も殺さぬ 例:「蚤も殺さない顔をしている」

−−−−−−−のむ(#nomu)−−−−−−−
・飲む打つ買う(のむうつかう) 大酒を飲む、博打(ばくち)を打つ、そして女を買う。男が道楽の限りを尽くすこと。 例:「飲む打つ買うの三拍子」

−−−−−−−のめ(#nome)−−−−−−−
・飲めや歌え
(のめやうたえ) 酒を飲み歌を歌って大騒ぎせよ。酒盛りで大騒ぎすること。 例:「飲めや歌えの大騒ぎ」
・のめり込む(のめりこむ) 1.低い姿勢で前方へ倒れるようにして入り込む。 用例:雑俳・柳多留−三「身揚(みあがり)のこたつへやり手のめり込」 2.抜け出せなくなるほどすっぽりと深く入り込む。 例:「悪の道にのめり込む」 3.他のすべてを忘れ、それ一つに熱中する。 例:「高校時代は、クラブ活動にのめり込んだ」

−−−−−−−のら(#nora)−−−−−−−
・のらくら者
(のらくらもの) のらくらと、怠(なま)けて、遊んでしている者。 類:●怠け者●野良者●野良蔵(ぞう)
・野良の節句働き
(のらのせっくばたらき) 「野良」は、「野良者」のことで、怠(なま)け者・道楽者の意味。怠け者は平常は何もせずにのらくらしていながら、人が節句だ祭だといって遊んでいるときに働いたりする。その馬鹿さ加減を嘲笑したもの。また、節句に働かなければならない者は、普段怠けているからそうなるのだということ。 類:●怠け者の節句働き
・のらりくらり 1.
捉えどころがなく漫然としている。これといった仕事もしないで日を送る。 用例:談・化物判取牒−二「蛇のかばやきと蛙(かいる)の干物の喰合にて、療治も叶ませずのらりくらり」 2.柔らかくてつるつるしていて押さえどころのない物。 用例:談・根無草−跋「遊魚(くらげ)なすのらりくらりの遊の道は」 3.相手の鋭い追及などを躱(かわ)す。特に、老獪(ろうかい)な答弁などに使う。 例:「のらりくらりとした答弁で押し通した」
・のらをかわく[=扱(こ)く]  1.怠(なま)ける。 類:●油を売る 2.放蕩(ほうとう)する。 ★「かわく」「こく」は、好ましくない物事をすることをいやしめていう語<国語大辞典(小)>

−−−−−−−のり(#nori)−−−−−−−
・乗り一
(のりいち) 乗り心地が一番良いこと。 用例:平家−四「是はのり一の馬で候」
・乗り入れる
(のりいれる) 1.馬、または車などを乗ったまま中へ進め入れる。 用例:狂言記那須の与一「馬の太腹のひたる程、海にざっぷとのりいるる」 2.馬などにしばしば乗って、仕込む。乗り馴(な)らす。調教する。 用例:浄・十二段−五「馬上の達者にのり入させて候へば」 3.バス路線、鉄道線路などを、ある地点まで延長する。また、別の鉄道、バス路線に直通して運転する。 例:「地下鉄が私鉄に乗り入れている」 用例の出典:那須の与一(なすのよいち) 狂言。各流。「平家物語」の那須与一が扇の的を射た件(くだり)を狂言語りに仕立てたもの。大蔵流では「那須」「那須語(なすがたり・なすのかたり)」、和泉流では「奈須与一語」と言う。
・乗り移る
(のりうつる) 1.他の乗り物に乗り換えて移る。移乗する。 用例:平家−一一「飛騨三郎左衛門景経、小舟にのて義盛が舟にのりうつり」 2.神仏や霊魂、また、妖怪などが人の身に宿る。取り憑(つ)く。 用例:浄・心中万年草−中「恵美須・大黒がのりうつった作右衛門を倒そふや」 例:「悪魔が乗り移っている」
・乗り遅れる
(のりおくれる) 1.乗ろうとして、その時期に遅れる。乗り物の出発の時刻に遅れて乗り損なう。 用例:源氏−手習「岸遠く漕ぎ離るらむあま舟に乗をくれじと急がるるかな」 例:「バスに乗り遅れる」 2.転じて、ぐずぐずしていて、時機を逸(いっ)する。時流に取り残される。 例:「バスに乗り遅れる(miss the bus)」
・乗り換える
(のりかえる)・乗り替える 1.その乗り物から降りて他の乗り物に乗る。乗り物を換える。また、乗る場所を換える。 用例:木工権頭為忠百首−雪「くやしくももと見し駒に乗かへてこしちの雪にまとひぬる哉」 2.心を他へ移す。特に、これまで付き合っていた人から離れて、他の人と縁を結ぶ。 例:浄・狩剣本地−二「我方へは家出したりと嘘ついて、世継に乗りかへくさったか」 例:「彼女は最近佐藤君から鈴木君に乗り換えたらしい」 3.これまでのものを捨てて他の新しいものを取る。 例:「現実主義に乗り換えた」 ★室町時代頃からヤ行にも活用<国語大辞典(小)> 用例の出典:木工権頭為忠朝臣家百首(もくのごんのかみためただあそんけひゃくしゅ) 和歌集。保延2年(1136)に藤原為忠が主催した歌会の歌集。・・・詳細調査中。
・乗り掛かった船
(のりかかったふね)[=馬] 一旦岸を離れてしまった船からは、途中で下船できないところから、ものごとを始めてしまった以上、行くところまで行こうということ。一旦関わりを持った以上、途中で身を引くことなどできないということ。 類:●渡り掛けた橋●乗り掛かった馬●乗り出した船●
He that is out at sea, must either sail or sink. (海に乗り出した以上は、航海するか沈むかするより仕方ない)「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
・乗りが来る
(のりがくる)[=付く] 1.勢いが付く。調子が出る。 類:●調子に乗る軌道に乗る 用例:雑俳・柳多留−五「きしゃうなど貰ってむす子のりが来る」 2.乗り気になる。
・乗り気
(のりき) 興味が湧いて、気が向いてくること。進んでやってみようという気持ちになること。提案された話に乗ってみようという気になること。 類:●気乗り 例:「この取り引きに乗り気である」

・乗り切る(のりきる) 1.乗ったままで向こう側まで行き切る。乗ったままで最後まで行く。船などに乗って越える。 用例:人情・春色恵の花−初「『向ふ越をしての』これはつだづつみより山谷堀へのり切る事をいふなり」 2.思い切った行動をする。 用例:伎・謎帯一寸徳兵衛−大切「『喧嘩でもしてひょっと人でも』『ナニ、〈略〉そこは江戸ッ子。乗り切った事は』」 3.困難な状況を、途中で挫折せずに、なんとか頑張って切り抜ける。遣り通す。 類:●乗り越える●切り抜ける 例:「難局を乗り切る」 4.航行中の船が他の船に衝突して、船体を突き破る。 5.乗り物に全員乗る。 用例の出典@:春色恵の花(しゅんしょくめぐみのはな) 人情本。2編6巻。為永春水。天保6年(1835)。恋愛風俗物語、梅児誉美シリーズ。 用例の出典A:謎帯一寸徳兵衛(なぞのおびちょっととくべえ) 歌舞伎。四代目鶴屋南北。文化11年(1811)。『夏祭浪花鑑』の書き換え狂言。団七のお辰への恋慕と、それに纏(まつ)わる殺人を描いたもの。最後に団七はお辰の手に掛かって死ぬ。妻お梶とお辰の一人二役、その早変わりも見もの。
・乗り越える
(のりこえる) 1.乗って向こう側に越える。上を越える。 用例:
万代−雑・一「波のり越えてかもめ鳴くなり」 2.先人の力量、地位などを追い越す。 類:●凌駕する 例:「師を乗り越える」 3.困難な状態を苦心して切り抜ける。 類:●克服する●乗り切る 用例の出典:万代和歌集(まんだいわかしゅう) 鎌倉中期の私撰集。20巻。藤原家良撰か。宝治2年(1248)成立。万葉時代から当代に至る勅撰集に収められていない歌3800首余りを集めたもの。
・乗り越す
(のりこす) 1.乗って向こう側に越える。上を越える。 類:●乗り越える 例:「塀を乗り越す」 2.乗り物に乗って越す。また、乗り物に乗って追い抜く。 用例:滑・浮世床−初「なぜに跡な駕籠に乗越れたのぢゃ」 3.他人を抜いて進む。他人の地位、身分などを追い越す。 用例:滑・風来六部集−放屁論後編「穴(けつ)のせまい仕送り用人に乗越れ」 4.他人の夫と情を通じる。他人の夫を寝取る。 用例:浄・極彩色娘扇−一「人の男をのりこした報いは早い針とがめ」 5.電車やバスなどで、下車する予定の駅(停留所)を過ぎても乗っていく。乗り過ごす。 例:「話に夢中になって駅を乗り越した」 用例の出典:極彩色娘扇(ごくさいしきむすめおおぎ) 浄瑠璃。近松半ニ・三好松洛合作。宝暦10年(1760)。お夏・清十郎もの。飾磨大九郎と悪手代のために五十両横領の濡れ衣を着せられた清十郎は呉服屋を追い出されたが、お品(しな)、お夏、藤兵衛、五郎右衛門らの献身と尽力で、加古川家に武士として帰参が叶い、お夏を正妻、お品を妾とする。通称「盲兵助(めくらひょうすけ)」。
・乗り込む
(のりこむ) 1.乗り物に乗ったまま、ある場所や領域に入り込む。乗り入れる。 用例:甲陽軍鑑−品一五「侍百人許の中へ唯一騎乗こみ」 2.乗り物の中にはいり込む。乗車する。 例:「バスに乗り込む」 3.大勢の者が乗る。また、一団の者がある場所へ繰り込む。4.勢い込んである場所や領域に入る。意を決して進み入る。 例:「単独で敵地に乗り込む」 用例:浄・国性爺合戦−五「只一人南京の城に乗込」 5.特に、役者や興行の一座が、興行地に繰り込む。

・乗り出す(のりだす) 1.乗り始める。 例:「息子が自転車に乗り出した」 2.乗り物に乗って出発する。また、勢いよく出発する。 類:●繰り出す 用例:滑・浮世風呂−四「てんと面白しで、サッサと乗出したもんでごぜへましたが」 3.新たに始める。進んでものごとに関与する。積極的にその世界へ入っていく。 類:●打って出る 例:「警察が捜査に乗り出す」 4.〔他動詞〕 身体(からだ)を前へぐっと出す。また、膝(ひざ)を進めて前へ出る。 例:「車窓から身を乗り出して見る」
・乗り潰す(のりつぶす) 1.城などを乗っ取って滅ぼす。攻め入って滅ぼす。 用例:浄・頼光跡目論−三「城をさっそくにのりつぶし」 2.馬や自動車などを、乗り物として使用できなくなるまで乗る。 例:「運転が荒くて、車を3年で乗り潰してしまった」
・乗物医者
(のりものいしゃ) 専用の、引き戸が付いた駕籠(かご)に乗って往診(おうしん)に行く医者。流行(はや)っている医者のこと。
・矩を踰える
(のりをこえる) 道理から外れるという意味で、天の法則や、人間として守るべき道から外れること。また、身分を越えて出過ぎた行動をすること。 出典:「論語−為政」「七十而従心所欲、不踰矩」 →参照:従心

−−−−−−−のる(#noru)−−−−−−−
・伸るか反るか(のるかそるか)[=踏反(ふぞ・ふんぞ)るか] 成功するか失敗するか、成否を天に任せて、思い切ってやること。 類:●一か八(ばち)か乾坤一擲一擲乾坤を賭す ★語源は、矢師が乾燥させた矢の出来を見るときの掛け声からという。「のため型」と呼ばれる曲がりを直す型から取り出した竹が、少しでも反っていたら使い物にならず、捨てなければならなかったことに因る。

−−−−−−−のれ(#nore)−−−−−−−
暖簾に腕押し
(のれんいうでおし)
・暖簾に凭れるよう
(のれんにもたれるよう) ぶら下がっている暖簾に寄り掛かったら引っ繰り返ってしまうことから、頼りにならないこと、しっかりしていないことの喩え。
・暖簾を下ろす
(のれんをおろす) 1.店を閉める。閉店する。2.店仕舞いにする。商売を止(や)める。廃業する。
・暖簾を分ける
(のれんをわける) 商家で、長年よく勤めた奉公人に、新たに店を出させて同じ屋号を名乗ることを許す。分店・支店を持たせる。

−−−−−−−のろ(#noro)−−−−−−−
・惚気る
(のろける) 1.色情に溺(おぼ)れる。女に参(まい)る。女に惹(ひ)かれて甘くなる。 類:●蕩(とろ)ける 用例:人情・春色梅児誉美−三「素人じみて、そふ女にのろけもしますめへ」 2.自分と配偶者、または恋人に関することを嬉しそうに話す。配偶者や恋人を自慢する。 用例:人情・春色梅児誉美−後「おめへがあんまりのろけるから、よだれをたらすかとおもってサ」 ★「のろい(鈍)」の「のろ」の動詞化<国語大辞典(小)>
・狼煙を上げる
(のろしをあげる) 1.非常時の緊急連絡のために、狼煙を上げる。合図する。2.比喩的に、重大事を起こすきっかけとなるような目立った行動をする。また、それによって、周りの気勢を上げる。 例:「ホームランを打って反撃の狼煙を上げた」
・鈍間の一寸馬鹿の三寸
(のろまのいっすんばかのさんずん) 戸障子を閉じるとき、一寸ぐらい残すのは鈍間(のろま)な者であり、三寸ぐらい残すのは馬鹿者である。このように、注意の足りなさで人の品格が分かるものだということ。 類:●下衆(げす)の一寸のろまの三寸●下郎の一寸戸 ★「鈍間」の語源説@:「のろま人形」(寛文・延宝の頃、江戸の人形遣い野呂松勘兵衛が遣ったところからの称)から。A速度や動きが遅いことを意味する形容詞「鈍(のろ)し)」に、状態を表す接尾語の「間」が付いたもの。

−−−−−−−のん(#non)−−−−−−−
・暢気
(のんき)・呑気・暖気 1.気晴らし、気散じをすること。 用例:雑俳・
秀吟三百番「入聟が葬礼に出てのんきする」 2.気が長いこと。気分や性格がのんびりしていること。ものごとにあまり気を使わないこと。 例:「呑気に暮らす」 ★「のん」は「暖」の唐宋音。「呑気」「暢気」は当て字<国語大辞典(小)> 用例の出典:秀吟三百番(しゅうぎんさんびゃくばん) 雑俳。・・・調査中。
・のんこのしゃあ[=しゃんこ]
 暢気で、しゃあしゃあしていること。平気で、図々しいこと。また、その人。 類:●いけ洒々
・呑太郎(のんたろう)・飲太郎 1.好んで大酒を飲む人。また、頻繁に酒を飲む人を人名のように言った呼び方。 類:●飲み助●
飲兵衛 2.暢気(のんき)な人。3.芝居などを、無銭で見物する人。
・飲兵衛(のんべえ) 好んで大酒を飲む人。また、頻繁に酒を飲む人を人名のように言った呼び方。 類:●飲み助
呑太郎
・のんべんぐらり・のんべんだらり
 だらしなく過ごす様子。なす事もなく無駄に時間を浪費する様子を表わす言葉。 用例:人情・娘消息−二「今までの様にのんべんぐらりと、遊んぢゃア暮されねえぜ」 ★「のんべんくらり」とも<国語大辞典(小)> 用例の出典:教外俗文娘消息(きょうげぞくぶんむすめしょうそく?) 人情本。・・・調査中。  

<な行>―・―<慣用句のTOP>