【るい】〜【るる】

−−−−−−−るい(#rui)−−−−−−−
・累が及ぶ(るいがおよぶ) 行き掛かり上の悪い影響や迷惑。巻き添え。 類:●累及 例:「一族郎党にまで累が及ぶ」
・類がない(るいがない) 1.似通ったものがない。前例がない。2.転じて、特に目立って立派である。大変優れている。
・縲絏(るいせつ) 「縲」は罪人を繋(つな)ぐ黒縄。「絏・紲」は縛(しば)る。罪人を縛る縄のこと。転じて、縄目に掛かること。罪人として捕らえられること。 例:「縲紲の恥」
・塁土より起こる
(るいどよりおこる) 高層の楼閣も、小さな土くれを積んだところから始まるということ。 類:●九層の台(うてな)も累土(るいど)より起こる塵も積もれば山となる 出典:「老子−六四」「九層之臺、起於塁土
・類に触る(るいにふる) 縁故に付く。縁を辿(たど)る。また、類似したものごとに会う。
類は友を呼ぶ
(るいはともをよぶ)
・類比推理
(るいひすいり) 《四熟》 ものごとの間に見られる類似点を比較したりして、相互関係や共通点を推測すること。 類:●類推●アナロジー ★論理学の用語。
・累卵の危うき
(るいらんのあやうき) 積み上げた卵は不安定で崩れ易く、とても危ない。転じて、ものごとが不安定で危険な状態である喩え。 類:●累卵 出典:「史記−范雎伝」「秦王之国、危如累卵
・累々として喪家の狗の如し(るいるいとしてそうかのいぬのごとし) よろよろと、その志(こころざし)を失って、まるで飼い主を亡くした犬のようではないか。 類:●喪家の狗 出典:「史記−孔子世家」 
★天下周遊中の孔子の姿<中国古典名言事典(講)>
・累を及ぼす(るいをおよぼす) 巻き添えにする。迷惑を懸ける。悪い影響を及ぼす。 例:「一族に累を及ぼす」
・類を異にする
(るいをことにする) 同じ種類には属さないという意味で、それを他と同様に論じたり、扱ったりすることができないということ。
・類を知らず(るいをしらず) ものごと
の価値判断ができない。物の軽重(けいちょう)や本末(ほんまつ)を失っている。 出典:「孟子−告子・上」
・塁を摩する
(るいをまする) 1.戦(いくさ)で、敵の砦(とりで)の土塁に間近く迫る状態。2.ほとんどそれと同等の地位や技量に達しようとしている。 類:●匹敵する 出典:「春秋左氏伝−宣公十二年」
・類を以て聚まる
(るいをもってあつまる)[=に寄って集まる] 気の合う者同士、似た者同士が自然に集まる。 類:●類は友を呼ぶ 出典:「易経−繋辞・上」「方以類聚、物以羣分、吉凶生矣」<方(ほう)は類を以って聚まり、物は羣(むれ)を以って分れて吉凶生ず>

−−−−−−−るこ(#ruko)−−−−−−−
・鏤骨
(るこつ・ろうこつ) 骨を刻むほどの苦心。大変な苦労。 例:「彫心鏤骨

−−−−−−−るす(#rusu)−−−−−−−
・留守人
(るすにん) 1.留守番をする人。 類:●留守居 2.妻の異称。
・留守を預かる
(るすをあずかる) 家人が不在の間、依頼を受けてその家の事をする。留守番の役目を負う。
・留守をさせる
(るすをさせる) 1.留守番をさせる。2.家政を見るべき人にする。妻にする。
・留守を使う
(るすをつかう) 偽って留守であるという。家にいながら不在を装う。 類:●居留守を使う

−−−−−−−るつ(#rutu)−−−−−−−
・流通
(るづう・るつう) 1.仏法が伝わり広まること。また、伝え広めること。2.ものごとに精通していること。何事もよく知り抜いていること。
・坩堝
(るつぼ) 1.物質を強く熱するのに用いる耐熱性の容器。金属の溶融や化学の実験などで使う。2.比喩的に、夢中になり、熱気に満ち溢れている状態。激しい感情の高まりのたとえ。 例:「会場は興奮の坩堝と化している」 3.種々のものが混合・融合している状態や場所のこと。または、混合・融合させるもののたとえ。 例:「南アフリカ共和国は人種の坩堝だ」 
★「いる(鋳)つぼ(壺)」あるいは「ろ(炉)つぼ(壺)」の変化かという<国語大辞典(小)>

−−−−−−−るて(#rute)−−−−−−−
・流転
(るてん) 1.仏教用語。六道四生の迷いの生死を繰り返すこと。生まれ変わり死に変わって迷いの世界を惑(まど)い歩くこと。 類:●輪廻 例:「生々流転」 2.状態や境遇などが、絶えず移り変わること。同じ状態に留まらず変化していくこと。3.次々と受け継がれ伝わること。流れ伝わること。
・流転輪廻
(るてんりんね) 《四熟・仏教用語 六道四生の迷いの生死を繰り返すこと。生まれ変わり死に変わって迷いの世界を惑い歩くこと。 類:●生死流転

−−−−−−−るり(#ruri)−−−−−−−
・瑠璃の光も磨きから(るりのひかりもみがきから) 瑠璃が美しいのは、よく磨くからである。同様に人間も、いくら素質があるからといって、錬磨・修練を積まなければ立派な人間にはなれないという喩え。 類:●玉磨かざれば光なし
・瑠璃も玻璃も照らせば光る
(るりもはりもてらせばひかる) 物は違っても、優れた素質を持つ者は、光を当てればどちらも同じように光り輝く。取るに足りない者の中に混じっていても、優れた人は直ぐに見分けが付くものである。 類:●嚢中の錐
・瑠璃も玻璃も照らせば分かる
(るりもはりもてらせばわかる) よく似ている物でも、方法や次第によっては、その性質がはっきり現れる。方法次第によって、その違いが分かる。

−−−−−−−るる(#ruru)−−−−−−−
・縷縷
(るる) 1.途切れることなく長く続くこと。 例:「思いを縷々と述べる」 2.こと細かく話す。 類:●綿々 例:「縷々説明する」

<やらわ行>―・―<慣用句のTOP>―・―<次ページ>