442.【む】 『昔(むかし)取った杵柄(きねづか)』
『昔取った杵柄』
1.過去に鍛えた腕前。昔、修練して腕に覚えのある技量。
2.嘗(かつ)ては巧くこなすことが出来たこと。
*********


つづく)−−−≪HOME