19.【あ】  『雨(あめ)降(ふ)って地(じ)固(かた)まる』 (2000/03/21)
『雨降って地固まる』
雨の降った後は以前にも況(ま)して地面が堅固になるということから、変事の後は、却(かえ)って事態が落ち着いて、基礎が固まる、或いは、以前より良い状態になるということ。
類:● After a storm comes a calm.●When the going gets tough, the tough gets going.(困難な状況が出てくると、その困難に打ち克つ人間も出てくる)<「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
*********

喧嘩騒ぎがあったという噂を耳にし気になった源五郎は、遅れ馳せながら毘沙門天(びしゃもんてん)に向かった。
着いたところで、参詣(さんけい)を済ませたあやたちに、丁度出会(でく)わした。

>あや:あら親方。親方も初詣(はつもうで)ですか?
>源:い、いえ。喧嘩騒ぎがあったとか言うんで。
>咲:あやさん、この怖い顔の人もさっきの人の仲間?
>あや:違うのよ、お咲ちゃん。源五郎さんは熊さんたちの親方なの。
>咲:良かった。また脅(おど)かしに来たのかと思っちゃった。
>源:何かあったんですかい?
>あや:いいえ、大したことじゃありません。
>咲:大したことよ。あたしとっても怖かったんだから。
>源:聞かせて貰えますね。

源五郎はふたりを甘味処「紀の善」に誘い、お咲のために汁粉(しるこ)を注文した。
あやは先程の騒ぎの顛末(てんまつ)を詳しく説明したが、肝心の太郎兵衛との経緯までは話せず、亡夫の一件のところはお茶を濁した。
源五郎は訳ありなのだなと解釈して無用な詮索(せんさく)を避けたが、一方では、自分には立ち入ることのできない領域があるのだということを実感させられていた。自分の気持ち全体が拒(こば)まれでもしたような、一種、孤独感にも似た感情が湧き上がってきていた。
もしも洗い浚(ざら)い話して貰えるほど信用されていたらどれほど嬉しいかと、密かに考えていた。

>源:淡路屋とかいうのが出張(でば)って来てるって話は親父(おやじ)から聞いてたんですが、そこまで阿漕(あこぎ)な奴だとは知らなかったな。ここんとこ田原の父つぁんが病(やまい)勝ちだってんで気にはなってたんですよ。
>あや:田原の父つぁんていうのは、この辺を仕切っている親分さんですか?
>源:親分てったってやくざなお人じゃあねえんですよ。この辺りは職人とか大工とかが余所(よそ)より多いんですが、そいつは田原の父つぁんが総元締めとして上手(うま)く取り仕切って呉れてるお陰なんです。これまでは、淡路屋みてえのが来たって直(す)ぐに尻尾を巻いて帰ってったもんですがね。
>あや:淡路屋をあまりのさばらせたくはないものですね。
>源:あっしも心掛けるようにしましょう。
>あや:二助さんという方はご存知なんですか?
>源:よく仕事を頼んでますから。腕の良い左官ですよ。喧嘩っ早いのが珠に瑕ですが。
>あや:気を付けるように言ってください。
>源:分かりました。それより、あやさんたちの方が心配だ。その下っ端・・・
>咲:権太っていう蛇みたいな目付きのやつ。思い出すだけでぞっとするわ。
>源:そいつが探しに来るかも知れねえんでしょう?
>あや:ええ。当然太郎兵衛にも報告してるでしょうからね。
>咲:ごめんなさい。あたし、ついうっかり同じ長屋にいること喋(しゃべ)っちゃったの。
>あや:気にしないで。どっちにしても見付かっちゃうんだから。半日と違わないわ。
>源:女子供相手にそうそう手荒なことはしねえと思いますが、特に夜道は気を付けてくださいね。八と熊には注意するよう言っときますから、必ずあいつらに送って貰うようにして下さいね。
>あや:ええ、いつもそうして貰ってますから。

>源:そうだ。そう言やあ、今ごろあいつらはあっしの家に来てる筈ですから、一緒にどうです? 後のことはあっしに任せて、憂(う)さは忘れて新年会といきましょう。
>あや:これからですか?
>源:このまま真っ直ぐ長屋に向かって、万が一、付けられたりしちゃいけねえですから。
>咲:あたしも一緒に行って良い?
>源:勿論だとも。お嬢ちゃん独(ひと)りで帰す訳がないだろうよ。
>咲:だって親方ったら、ずうっとあやさんのことばっかり見て話してるんだもの。それにね、あたし、お嬢ちゃんじゃなくてお咲っていうの。子供扱いしないで。
>源:こいつぁあ参(まい)った。

一行は、お咲を間に挟む格好で源五郎の家へ向かった。
端(はた)から見ると、初詣帰りの普通の親子連れと見えないこともない。

>あや:親方、太郎兵衛との経緯(いきさつ)のことは、いつかちゃんとお話ししますから。
>源:立ち入ったことでしたら、無理に話すことはねえんですよ。
>あや:いいえ、聞いて貰いたいんです。親方には特に。唯(ただ)、今は堪忍(かんにん)してくださいね。
>源:分かりやした。その気になりやしたら言ってください。
>あや:頼(たよ)りにしてます。
>咲:あーあ、なんだかあたし、お邪魔虫みたい。
つづく)−−−≪HOME