179.【け】 『逆鱗(げきりん)』 (2003/05/06)
『逆鱗』
1.ここでの鱗(うろこ)は竜の鱗で、竜は天子を意味する。天子や帝王が怒ること。天皇の怒り。 用例:兵範記−保元3年4月21日「竜顔逆鱗之至」
2.激しく怒ること。普通、目上の人が目下の者を怒る場合に用いる。 例:「創業者の逆鱗に触れて降格させられた」
類:●激怒
故事:韓非子−説難」「然其喉下有逆鱗径尺、若人有嬰之者、則必殺人」<然(しか)れども其の喉下(こうか)に逆鱗(げきりん)なる径尺(けいしゃく)有り、若(も)し人之(これ)に嬰(ふ)るる者有らば、則(すなわ)ち必ず人を殺す> 竜の胸に逆さに生じた一枚の鱗(うろこ)があって、人が触れると、怒ってその人を殺すという。 
出典:韓非子(かんぴし) 叢書。20巻・55篇。紀元前2世紀末にかけて成立。韓非およびその一派の著作55編を収めたもの。編者未詳。刑名法術という、法治主義に基づく思想を展開し、秦に始まる官僚国家創建の理論的支柱となった。
用例の出典:
兵範記(ひょうはんき) 『人車記』、『信範卿記』、『平信記』などとも呼ばれる平信範の日記である。「人車」とは「信範」の二字からの偏と部分を抽出して組合せ、「兵範」とは「兵部卿信範」の首尾二字を組合せての命名である。記事は天承2年(1132)から元暦元年(1184)まで、信範21歳から73歳に至るまでの記録である。<京都大学電子図書館
*********

市毛大路郎は内房の旅籠(はたご)へ行くのを渋っていた。
事を大袈裟にしたくなかったのと、第三者から見たら痴話喧嘩以上に犬も食わぬ話であるに違いないと考えたからである。
しかし、純の方は、白黒付くのであればどこへなりと行きましょうと、徹底抗戦の構えである。

>八:奥方様、何もそう鼻息を荒くすることもねえんじゃねえですかい?
>純:何を言うのです、八兵衛殿。なあなあで済ませて、後で後悔するのはこのあたくしなんですからね。
>大:何もなあなあで済ませようというのではない。竜之介と聡を優先させるのが筋であろうと、こう申しておるだけだ。間違ってはなかろう?
>純:確かにその筋はご尤(もっと)もですとも。ただし、それは、一介の武家であればのことです。水野家は特別なのです。
>大:幕府もここまで時代が下っては、名門水野も何もなかろう。
>純:ご先祖様を愚弄しようというのですか? 旦那様といえども聞き捨てできぬお言葉。
>八:ま、ま、待ってお呉んなさいな、奥方様。あんまりご無体(むたい)なことをいつまでも言ってると、竜之介さんの頭に血が上って、暴れ出しちまうなんてことになり兼ねませんぜ。
>大:そうだ。道場に誰も敵(かな)う者が居らんのだ。木刀でも振り回されたら手が付けられないぞ。のう、竜之介。
>竜:あと少しでそうなるところである。
>八:ねえ、もうちょっと頭を冷やしてくださいやし。
>純:武力などに、水野の歴史は負けはせぬ。
>大:これ、混ぜ返すなと申すに。
>八:やっぱり、ご隠居さんのところに行きましょうよ、ねえ。ご隠居なら、お武家様の仕来たりとかにも詳しいでしょう? きっと巧く裁(さば)いて呉れやすって。
>大:そうだな。致し方ない。ご老体に委(ゆだ)ねるとするか。・・・のう、どうじゃ、純?
>純:分かりました。
>八:そう来なくっちゃ。
>熊:そんなに露骨に喜ぶなっての。

純は、「水野の父か、さもなければ弟を同道させる」と言って聞かなかった。
またしても、およねが遣いに出された。

>大:聡は産後だから家に残って稚児を看(み)ていなさい。
>聡:じゃあ、改めて言っとくわ。あたしは、どっちかって言うと、竜之介様の方に賛成。でも、一番良いのは、この子が元服する頃まで、名前を決め付けたりしないでおいて欲しい。まだ、どういう風に育つかも分からないのに決めちゃうのは、なるべく止して欲しいの。
>大:尤もだな。純とて、そのつもりだったから初めのうちは口出ししていなかったのだからな。
>純:ですが、もう話題に上(のぼ)ってしまったではありませんか。後戻りなどできはしません。
>大:そう頑(かたく)なになるな。
>純:まあ、第三者の方からそうせよとのお達しが下るのであれば、従わぬ訳にもゆきませんが。
>大:まったく、こんなことになるなどとは、夢にも思わなかったぞ。

一行がとぼとぼと歩いていたせいもあってか、旅籠の前には息を切らせた男が来ていて、純を待ち構えていた。
純の弟で、名を忠乗(ただのり)という。

>忠:姉上、何を手間取っておられるのですか? このような些細なことは力で捻(ね)じ伏せてしまうに限るのではありませんか? なんなら、拙者がこの腰の物で・・・
>八:じょ、じょ、冗談は止めてくださいやし。
>忠:なんですか、この下賎(げせん)の者どもは?
>純:立会人と思えば宜しい。大工の八兵衛殿と、熊五郎殿である。町人とはいえ、ある意味では恩人である。粗相があってはならぬ。
>忠:ほう。姉上も随分と柔らかくなられたものだな。・・・ま、なんにせよ、ささっと決めて円満裡(り)に退散しようではありませんか。
>八:・・・なあ熊よ、大丈夫かな?
>熊:何がだ?
>八:刀に掛けてなんて言ってるぜ。ご隠居を刃物で脅して決めちまおうってんじゃねえだろうな。
>熊:ご隠居様は刀くらいで考えを曲げるお人じゃねえだろう?
>八:そうだよな。あっという間に方(かた)が付いちまったりしたらおいら困っちまうからよ。
>熊:ほう。お前ぇにしちゃあ、珍しいことを言うじゃねえか。その通りだ。揉(も)めごとは正しく裁かねえとな。
>八:それもそうだが、夕飯も出ねえうちに帰るなんてことになったら、おいらここまで何しにきたんだか分からなくなっちまうもんな。
>熊:またそれかよ。
>八:笑いごとじゃねえぞ。出された茶菓子にも手を付けられなかったなんてことになってみやがれ。おいら一体誰に文句を言えば良いんだ?

内房の正面に座った忠乗は、あからさまに威圧的な気を撒(ま)き散らしていたが、姉から釘を刺されたこともあり、両刀は外して背後に置いていた。
経緯(いきさつ)は、大路郎が手短に説明した。
八兵衛は、茶菓子が出されると、すかさず頬張り、それを茶で流し込んだ。

>内:それで? 忠見(ただちか)殿はご健勝かな?
>忠:父をご存知か、ご老人。
>内:ようく存じて居りますよ。まだ40前の頃でしたかな、先の上様(=家治)に直参(じきさん)を解かれそうになったことがありましたな。まこと、穏便(おんびん)に済んで良う御座いました。
>忠:そのような話、一度たりとも耳にしたことはないが・・・。姉上はいかがか?
>純:一度も。
>内:そうでしょうとも。問題になる前に、ご老中とあたしとで
揉み消しましたからね。
>忠:それは、本当のことなので御座りまするか、ご老人?
>内:あのときも、嫡子(ちゃくし)の名前の件でしたな。・・・歴史は繰り返すと言いますが、真逆(まさか)ここにきて、似たような相談を受けることになろうとはねえ。
>八:ご隠居、一体全体、どんな訳だったんですかい?
>忠:大工ごときが立ち入ることではない。
>内:まあ、良いではありませんか。今更蒸し返す者などいませんから、笑い話だと思ってお聞きください。嫡子の名前ということですから、忠乗殿、あなたのお名前のことでしょう? 忠見殿が届け出ようとした名前は「忠康」というお名で御座いました。権現様(=家康)の康です。
>純:そのような畏れ多いことを・・・。わたくしも母も、一切聞いておりませんでしたが。
>内:それはそうです。ご家族の誰にもご相談せず、ご老中だけに報告したのですからね。
>純:それではあまりに横暴というもの・・・
>内:竜之介さんと聡さんにとっては、お内儀様のしようとしていることが、正(まさ)にそのように受け止められているかも知れませんねえ。

>八:それで、そのときはどういう風にして収めたんでやすかい?
>内:あたしごときの忠告など耳に届かないほどお怒りでした。太刀持ちの方に手を伸ばしたほどです。
>八:あ、分かった。「殿中で御座る」って言ったんでしょう?
>内:ほっほっほ。『忠臣蔵』ではありませんよ。・・・ですが、ご老中が間に割って入りましてね、その場は一先(ひとま)ず事無きを得たという状態でした。
>忠:しかしそのような状態では、父は登城も儘(まま)ならぬことになってしまう筈ではありませぬか? しかし、父は以後も変わらず出仕(しゅっし)しております。
>内:それはそうでしょうとも。その日のうちに上様から詫(わ)び状が下されましたからね。
>忠:上様直々(じきじき)の、で御座いますか?
>内:そうですよ。・・・なんでも、当日の上様は可愛がっていた鯉が死んだとかで、むしゃくしゃされておいででした。お怒りに火を点けたのが、偶々(たまたま)あなたの名前だっただけということです。
>忠:しかし、仮に上様の機嫌が直らなければ、我が水野家もどうなっていたか分からないのですね?
>内:さあどうでしょうか? そのような上様であったなら、1つの家などよりも、もっと重大なことになっていたかも知れません。思い直すことができる方だったからこそ、11代の今になっても安泰でいられるのではないですか?
>忠:ご老体も中々際(きわ)どいことを申されますな。・・・ふう。しかし、命が縮む思いをしましたぞ。

>内:それで? ご相談というのは、「忠」の文字を使うのどうのということでしたかな?
>忠:い、いえ。そのことは、もう良いのです。そのようなことにばかり拘(こだわ)らず、もっと別のことでまたご相談にでもなんでも伺わせていただきとう御座います。ね、姉上?
>純:え、ええ。そういたします。
>八:ちょ、ちょっと待ってお呉んなさい。もう終わっちまうんですかい?
>内:まだ何かありましたかな?
>八:だって、まだ日が高いじゃありやせんか。こんな時分に帰ったら、また仕事に戻らなきゃなんないじゃねえですか。
>内:働くことは素晴らしいことですよ、八つぁん。
>八:そんなあ。折角(せっかく)筍御飯が食えるかと思って楽しみにしてたのに。
>熊:お前ぇの都合通りには、ものごとは回らねえのさ。

八兵衛はしゅんとして、のそのそと立ち上がり掛けた。が、竜之介が内房に食い下がった。

>竜:ご老人。「忠」とか「義」とかを使わないで済むということは、
忝(かたじけな)く思うのであるが、それとは別に、我(われ)の意向に付いても、ご意見賜(たまわ)れればと思うのであるが、どうあろう?
>大:これ竜之介、ご老体にもご都合というものがあろう。
>内:いいえ市毛様。あたしは暇な隠居ですから、都合など全くありません。この年寄りの意見が何かの足しになるのであれば、喜んでお付き合いしますよ。
>八:待ってました。若先生も、中々良いところがあるじゃねえですか。
>熊:まったく、お前ぇってやつは・・・
つづく)−−−≪HOME