465.【や】 『藪(やぶ)から棒(ぼう)』
『藪から棒』
「藪から棒を突き出す」の略。物事の仕方が出し抜けなことの喩え。唐突である様子。前触れや前置きがないこと。
類:●窓から槍青天の霹靂寝耳に水
 用例:浄・鑓の権三重帷子「藪から棒と申さうか 寝耳に水と申さうか」
*********


つづく)−−−≪HOME