415.【ふ】 『武陵桃源(ぶりょうとうげん)』
『武陵桃源』
1.武陵の漁夫が見付けたとされる架空の地「桃源」のこと。2.転じて、別天地、理想郷のこと。
類:●桃源郷●ユートピア
出典:桃花源記(とうかげんき) 中国の伝奇小説。1編。晋の陶潜(淵明)撰。武陵の漁夫が道に迷い、桃林の奥に秦の戦乱を避けた人々の平和郷を発見、手厚い持て成しを受けた。帰宅後再び捜してみたが、二度と訪れることはできなかった。
*********


つづく)−−−≪HOME