388.【は】 『白眼(はくがん)』
『白眼』
白目で見ること。気に入らないものを見る冷たい目付き。
類:●白目  反:●青眼
故事:晋書−阮籍伝」 晋(しん)の阮籍(げんせき)は、気に入らない人には白い目で対したという。
出典:晋書(しんじょ) 23 石に漱ぎ流れに枕す 参照。
*********


つづく)−−−≪HOME