384.【の】 『暖簾(のれん)に腕押(うでお)し』
『暖簾に腕押し』[=と相撲]
力を入れても少しも手応えがないこと。ものごとに張り合いがないことの喩え。
類:●糠に釘豆腐に鎹(かすがい)●暖簾と臑(すね)押し
★「腕押し」は、腕相撲のこと。
*********


つづく)−−−≪HOME