352.【と】 『泥棒(どろぼう)を見て縄(なわ)を綯(な)う』
『泥棒を見て縄を綯う』[=捕らえて〜]
1.事件が起こってから慌てて準備をしても間に合わない。時機に遅れては用をなさないことの喩え。
2.準備を怠(おこた)って行きあたりばったりにものごとを行なうこと。
類:●泥縄●盗人を捕らえて縄を綯う●渇に臨みて井を穿つ難に臨んで兵を鋳る兎を見て鷹を放つ喧嘩過ぎての棒乳切り敵を見て矢を矧(は)ぐ
*********


つづく)−−−≪HOME