210.【さ】 『三十六計逃げるに如(し)かず』 (2003/12/08)
『三十六計逃げるに如かず』[=が勝(かち)]
1.計略はたくさんあるが、困ったときはあれこれ考え迷うより、機を見て逃げ出し、身を安全に保つことが最上の方法である。身の安全を計って、後日の再挙を図れ、ということを教えたもの。
2.転じて、面倒なことが起こったときは、逃げるのが得策であるということ。
類:●逃げるが勝ち●He who [that] fights and runs away lives to fight another day.落ち武者となっても生き長らえれば、また戦う機会も巡ってくる<「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
参考:「三十六計」は、古代中国の兵法で用いられた三十六の計略のこと。
故事:「南斉書−王敬則伝」「敬則曰、檀公三十六策、走是上計。汝父子唯応急走耳」 中国、南北朝。王敬則が、叛軍を率いて、成都・建康(今の南京)目指して攻め上っていたとき、「王敬則が逃げるらしい」という皇帝側が流した噂を耳にした。それに答えて「檀将軍の計略は数々あったが、逃げるのが一番の策だったそうな」と笑い、退こうとしなかった。やがて、斉の軍に囲まれ、逃げることもならずに首を討たれた。これは、宋の将軍・檀道済が魏軍を避けたのを謗(そし)って言ったものとされる。
出典:南斉書(なんせいしょ) 中国の正史。梁の蕭子顕(しょうしけん)撰。59巻。本紀8巻、志11巻、列伝40巻から成立。もと60巻で唐代に1巻を逸した。二十五史の一つ。南朝の斉の歴史を記したもの。
*********

「あたしも付いていく」と、お咲が言い出した。
翌日の夕方に、熊五郎と八兵衛が、小豆(しょうど)の役宅に向かおうとしたときである。

>熊:遊びに行くんじゃねえんだぞ。
>咲:磯ちゃんが、頑張ってるみたいだから、誉(ほ)めてやりたいのよ。
>熊:随分と偉そうなことを言うじゃねえか。
>咲:だって、あたしは恩人みたいなもんなのよ。そのくらいのこと言ったって罰(ばち)は当たらないわ。・・・それに、あたしがいた方が、小豆様だって話に乗って呉れ易いでしょ?
>熊:どうだか。
>八:まあ良いじゃねえか。2人が3人になったからって、困りゃしねえって。
>熊:磯次郎は嫌な顔をするかも知れねえがな。
>八:用があるのは小豆の旦那なんだからよ、磯次郎のことはどうだって構わねえさ。
>咲:お夏ちゃんが旅立ったのを、どう考えてるのか聞いてやるの。
>熊:その必要はねえんじゃねえかな。真面目(まじめ)にやってるようだしよ。
>咲:それでも、磯ちゃん本人の口から聞きたいの。捻(ひね)くれたことを言うようだったら引っ叩いてやるんだから。
>熊:おいおい。それで、小豆さんが怒り出しちまったりはしねえだろうな?
>咲:平気よ。そういうときは奥様がびしっと言って呉れるわよ。「磯次郎、恩人に対してそのような憎まれ口を叩くものではありません」ってね。話の分かる方だもん。
>熊:成る程。・・・でも、恩の押し売りみてえなことをするんじゃねえぞ。
>咲:分かってるわよ。あたしだって、そんな恥知らずじゃないわよ。
>八:でもよ、お茶菓子のお代わりくらいお願いしても構わねえよな?

小豆は、夕餉(ゆうげ)の前の、ささやかな晩酌(ばんしゃく)をしていた。
磯次郎はまだ戻っていなかった。

>小豆:おお。これはこれは。熊さん八つぁんに、お咲殿ではないか。
>熊:お寛(くつろ)ぎのところ失礼しても良いですか?
>小:どうぞどうぞ。気にせんでくだされ。
>八:なんでお咲坊だけ「お咲殿」なんだ?
>熊:そんなこと気にするんじゃねえっての。
>小:ご一緒にどうですかな? ・・・と言っても、お咲殿にはお酒では失礼ですな。
>八:飲めないもんは放っときゃ良いですって。そいじゃあ、おいらがお相伴(しょうばん)にと・・・
>熊:止(よ)せったら。頼み事が先だろう?
>小:はて? 拙者(せっしゃ)に頼み事ですかな?
>熊:へい。ちょっと手伝っていただけないかと。
>小:また勘定組頭の類(たぐい)ですか?
>熊:あの、言い難(にく)いんでやすが、小豆さんの上役(わやく)のことでして・・・
>小:拙者の上役ですと? 瀬戸様のことか?
>八:誰です? その瀬戸焼きのお猪口(ちょこ)ってのは?
>熊:意地汚え聞き間違いするんじゃねえって。・・・ええとですね、小豆さん。一番上の上役ってことで。
>小:一番上というと、お奉行のことか?
>熊:へい。そうなんです。
>小:お奉行の悪事のあれやこれを嗅(か)ぎ回れというのか? そ、それはできん。
>熊:お役人として、忠義に外れることなのは、重々承知していますよ。ですがね・・・
>小:そういうこともあろうが、それよりも何よりも、拙者のごとき平役人1人ではどうしようもない相手だというのだよ。

「それがね、旦那」と言いながら、八兵衛はずかずかと小豆の傍(そば)まで行ってしまった。
酒をいただこうという魂胆(こんたん)が見え見えである。

>八:手伝って呉れそうなお人がいたんですよ。それも、とっても心強い味方が、です。
>小:幾らそうであっても、たったこれだけの人数で太刀打ちできる相手ではないのだ。
>八:誰が手伝って呉れるのかを聞いてから言ってくださいよ。・・・家島様ですぜ、家島様。
>小:なんと。網綱(あみつな)がか? ・・・あの堅物(かたぶつ)が本当に動くというのか?
>八:旦那に嘘吐(つ)いたってしょうがないでしょう。
>小:一体どういう経緯(いきさつ)で網綱が?
>八:お夏ちゃんの兄貴に鹿之助っていうちんけな小役人がいやしてね。
>熊:「ちんけ」は余計だ。
>八:良いじゃねえか、そんなこと。・・・なんでも、昼と、夕と、晩の3回も頼みにいったらしいんで。
>小:ほう。大したもんでありますな。
>八:そうでやしょう? 昼飯と晩飯を抜いてまでなんて、普通の人間には、ちょっとできねえことでやしょう?
>熊:そんなの、お前ぇだけだっての。
>小:流石(さすが)はお夏殿の兄御殿でありますな。
>八:とんでもねえ。それだって、鴨太郎に脅(おどかされて
その気になっただけですって。そんなことでもなかったら、一等最初に逃げ出してたに決まってやすって。なんてったって、旦那なんかよりよっぽど下っ端の平役人でやすからね。
>熊:そんなとこで旦那のことを引き合いに出すなっての。

八兵衛は、きょとんとしている小豆の猪口に、「ささ、どうぞ」と酒を注(つ)いだ。
これまた、下心から出た行動である。
しかし、小豆は考え始めてしまい、八兵衛の魂胆など、まったく取り合わなかった。
そんなところへ、帰ってきた磯次郎と、炊事に一段落付けた久恵が部屋に入ってきた。

>磯:栗林夏は旅立ったんだってな?
>咲:あら、知ってたのね? どう、羨(うらや)ましい?
>磯:ああ、羨ましいよ。・・・だがな、あいつと俺の進む道は別だからな。
>咲:噂に聞いたけど、結構ちゃんとやってるみたいじゃないの。あんたにしてはね。
>磯:大きなお世話だよ。あんたも栗林夏と同じで、口が悪いな。嫁の貰い手がなくなるぞ。
>咲:それこそ大きなお世話よ。
>磯:俺が園部屋で世話になってるってのは、栗林から聞いたのか?
>咲:お夏ちゃんはどこのお店(たな)かまでは知らなかったわ。教えて呉れたのは猪ノ吉さん。知ってるでしょ? 千場道場の師範代。
>磯:なんでお前たちが柿本様のことを知ってるんだ?
>咲:熊さんの幼友達なの。

>小:そうなのか、熊さん?
>熊:へい。・・・今回のことには猪ノ吉も一枚噛んでるんです。
>小:そうか。そういうことなら、仲間に加わらない訳にはいかんな。
>久:どういう「仲間」なんですの?
>小:普請(ふしん)奉行・藤木嘉秋の欺瞞(ぎまん)を暴(あば)くのだ。
>久:まあ。それを、熊五郎さんたちとで御座いますか?
>小:それに、どうした訳だか、網綱も加わるらしい。
>久:そうですか。それなら、存分になされませ。ご兄弟の片方だけということにはできませんでしょう?
>小:久恵。そなたたちにも迷惑が掛かるかも知れないのだぞ。
>久:そのようなこと。夫に掛かる苦労なら、同じ苦労を厭(いと)うような妻など居りません。
>小:忝(かたじけな)い。・・・八つぁん、熊さん。
>熊:決心してくださいやしたか。
>八:そうこなくっちゃ。それじゃあ、固めの杯(さかずき)でも・・・
>熊:止せったら。まったく、意地汚えったらありゃしねえ。

>小:熊さん。多分、あの頃の儂(わし)であったら、間違いなく尻込みしていたであろうな。
>熊:昔のことは良いじゃありませんか。
>小:我が身の保身のためだけに勤めているようなものだった頃には、逃げて回ることばかり考えていたように思う。・・・それが、天の恵みか、妻と倅(せがれ)を授かった。妻も倅(せがれ)も、儂には勿体無いほどできた人間であった。もう、逃げてばかりは居られんな。
>久:貴方(あなた)・・・
>磯:親父・・・

>小:熊さん。儂は、一体何をすれば良いのだ?
>熊:それじゃあ、最初の会合の日取りを決めてください。それと、このお屋敷を話し合いの場所として使わせていただくことを了解してください。
>小:相(あい)分かった。それに、儂の方から網綱に遣(つか)いを出すべきだということだな?
>熊:お願いしやす。猪ノ吉とその他のもの共には、こちらから報(しら)せやす。
>小:日取りは、明後日で良いか?
>熊:へい。あまり間を置かねえ方が良いでしょうから。
>小:場合によっては、調べ物のために儂の友人を交(まじ)えるかも知れないが。
>熊:お任(まか)せしやす。が、あまり大っぴらになさらねえように。
>小:承知した。・・・まあ、その辺は、網綱が指示を出して呉れようがな。儂に似ず、優秀な弟だからな。
>八:・・・あの、内房のご隠居は混ぜないんでやすかい?
>熊:お前ぇなあ・・・
>小:それも網綱の判断に任せたいと思う。そういうことでどうかな、八つぁん?
>八:良うがすとも。・・・どの道、若年寄の名前が出てくりゃ、ご隠居に出張って貰わなきゃならねえんですからね。楽しみにして、待てますって。
>熊:そんなの楽しみにするなってんだ。
つづく)−−−≪HOME