50.【い】 『井(い)の中の蛙(かわず)大海(たいかい)を知らず』 (2000/10/30)
『井の中の蛙大海を知らず』
自分の狭い知識や見解に囚(とら)われ、他に広い世界があることを知らないで、得々と振る舞っている者のことを蛙に喩えた言葉。
類:●井蛙(せいあ)●坎井(かんせい)の蛙(あ)●井底の蛙●夏の虫氷を笑う●夏の虫雪を知らず●燕雀は天地の高きを知らず尺沢(せきたく)の鯢(げい)●内鼠針の穴から天上覗く●The frog in the well does not know the ocean.<「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
出典:「荘子−秋水」井蛙不可以語於海者、拘於虚也」[井蛙(せいあ)は以って海を語るべからず、虚(きょ)に拘(なず)めばなり(井戸の中の蛙に海のことを話しても分からないのは、狭い場所にこだわっているからである)] 寓話。井桁に足を掛けていた蛙が東海に住む亀に向かって「私はこの古井戸を独占し、居ながら青天を望むことが出来る。君もここへ入ってみなさいな」と自慢した。亀は井戸に入ることも出来ず、大海の広さについて話して聞かせた。蛙はただ驚き、亀は蛙の見識の狭さに呆れた。
参考:黄河の水神の「河伯(かはく)」は秋になると水かさを増し美しくなる黄河の流れを得意げに見渡しながら流れに身を任せ、渤海へと出た。河伯は渤海の広大さを見て驚くと共に、黄河の流れを得意に思っていた自分の見識の狭さを恥じ。河伯はそのことを包み隠さず渤海の神「若(じゃく)」に話すと、若は河伯にこう言った。「井の中の蛙は海の事を話しても分からない。なぜなら蛙は自分の住む井戸の中を全てと思い込み海を知ろうとしないからだ。しかし、自分の見識の狭さを知った君とは海のことについて語り合える。」
蛇足:「井の中の蛙大海を知らず」に続く言葉とするものがある。後の人が付けたものと考えられるが、定かではない。@「されどその深さを知れり」A「されど天の深さ(青さ)を知れリ」B「ただ、空の深さを知るのみ」 ・・・情報をお待ちしています。
*********

鴨太郎は、一度奉行所(ぶぎょうしょ)に戻り上司への報告を済ませてから会合場所へ向かうと言って去っていった。
「だるま」の場所は、二助から聞いて大体は承知しているということだった。
二助とお夏も仲間に入っていると説明したとき、なんとも微妙な表情をしたが、熊五郎にはそれがどういうことなのか分からなかった。
こんな形でお夏と会うのが恥ずかしいだけなのだろうと、勝手に解釈しておいた。

>八:6つ半(19時頃)にはまだ随分早いが、先に行って始めてようか?
>熊:それを言うんなら、「暖簾(のれん)が出る7つ半(=17時頃)には早いけど暖簾(のれん)を掛けさせて飲み始めよう」って言うもんだ。
>八:何を言ってやがる。おいらは、親爺になんか全然見向きもしちゃいねえの。
>熊:お前って、ほんとに分かり易い奴だね。これから何をしに行くのか分かってんのかね?
>八:分かってるよ。頭の良いお夏ちゃんの言うことを素直に聞いてだな、そのお夏ちゃんの立てた計画を、巧く運ぶには何をすれば良いのか相談するためだろう?
>熊:それぞれが自分の策を立てて、それについて侃侃諤諤やろうってんじゃねえのか?
>八:考えたさ。考えたけどよ、これはってのがねえんだよな。何を考えても、終いには蛸野郎に重石(おもし)を縛(しば)り付けて海に沈めちまうんだよな。「海に帰りな」ってな具合いによ。
>熊:終(しま)いは良いんだよ、終いは。そこまで行く道筋ってもんがあるだろう。色々思い付いたんだろう?
>八:いっぱい思い付いたさ。でもよ、終わってみて、蛸が墨を吹きながら沈んでくところを思い浮かべてると、こりゃあいけねえってんで、全部忘れちまうんだよな。
>熊:全部か?
>八:ああ全部だ。
>熊:偉そうに胸を張って言うことじゃねえだろうが。

4人は、暖簾もまだ出ていないところを気軽に入り、いつもの席に落ち着いた。

>八:親爺、まだ早いけど構(かま)わねえよな?
>亭主:なんだよ八公、こんな刻限に。揃いも揃っお払い箱かい?
>八:何を抜かしてやがるかねえ、この親爺は。五六蔵を見送ってきたんだよ。
>亭主:昨夜(ゆんべ)は、見送りなんかしねえって息巻いてたんじゃねえのか?
>八:そんな情の薄いことする筈がねえだろ? 熊の野郎なら兎も角
>熊:まったく勝手な野郎だね。馬鹿らしくて言い返す気も起きやしねえ。

>八:なあ、蛸野郎はよ、いつもあそこでくだを巻いてるってことだよな?
>三:へい、3日に2回は。
>八:それじゃあなんにも仕掛けられねえんじゃねえのか?
>熊:そうだよなあ・・・
>三:こういうのはどうです? 曰(いわ)くのある女を集めて鉢合わせさせるってのは。
>八:あ、そいつはおいらも考えたぜ。
>熊:忘れたんじゃなかったのか?
>八:今思い出したの。
>熊:それで? 賛成なのか?
>八:いや。駄目だな。女同士が喧嘩(けんか)でも始めちまったら、蛸の野郎、却(かえ)って天狗になっちまう。
>熊:そうだな。それに、少なくともそのうち何人かは身重(みおも)だろ? もしものことがあったら責なんか負えねえ。
>三:そうですねえ。

>四:それじゃあ、こういうのはどうです? 酔っ払って出てきたところをふん縛(じば)って・・・
>八:そいつも、考えたぜ。今思い出した。それでよ、重石(おもし)を抱かせて神田川に投げ込むんだろ?
>熊:それじゃあ犯罪じゃねえか。お縄になっちまう。
>八:ばれやしねえさ。
>熊:何言ってやがる、鴨太郎が目の前に居るじゃねえか。駄目に決まってるだろ?
>八:ああそうか。忘れてた。
>熊:四郎、お前ぇの考えでは、ふん縛った後どうするんだ?
>四:へい。「私は斯く斯く然々(かくかくしかじか)のことをしました申し訳ありません」って札を持たせて見附(みつけ)にでも置いといちゃどうでしょう。
>熊:ふむふむ。面白そうだな。
>八:裸にひん剥(む)いちまおうぜ。
>熊:そのくらいならやっても罰(ばち)は当たらねえな。

>三:ちょいと待ってくださいよ。章太と十兵衛が素面(しらふ)だったらどうするんです? 段平(だんびら)でも抜かれたらこっちの命が危ねえじゃありませんか?
>熊:そうか。そいつは困るな。2人のうちどっちかが下戸(げこ)ってこともあるからな。
>三:それに、何どき頃まで飲んでるのか分かりませんから、表でずっと待ち続けるってのもねえ・・・
>熊:そうだな。真夜中までじゃあくる日の仕事にも障(さわ)るしな。
>八:悪い考えじゃねえんだがなあ、おいらの考えも。
>熊:お前ぇのじゃねえだろう。四郎の考えだろ。
>八:どっちだって同じだろう。おいらだっておんなじこと思い付いたんだからよ。
>熊:忘れちまってちゃ意味ねえの。
>八:そうか? まあ良いや。今回は四郎に花を持たせることにしよう。
>熊:なんてぇ言い種(ぐさ)だ。

>八:それじゃあよ、どうやったら蛸を蛸壺から誘(おび)き出せるかってことを考えようぜ。なんか手はねえか、三吉。
>三:そう言われましてもねえ・・・
>四:火事だーとか騒ぎますか?
>熊:他の客まで出てきちまったら却って面倒になるだろう。顔も見られちまうし。
>四:そうですね。うーん、難題ですねえ。

4人で考えても埒が明きそうにないので、他の面子(めんつ)を待つことにして、暫(しばら)く肴(さかな)でも突付こうかということになった。
4組ほどの客が席を埋めた後、二助とお咲が入ってきた。

>咲:あたしのいないとこで随分面白そうなことを話し合ってるそうじゃない。
>熊:面白いことなんかじゃねえだろう。一つ間違えたらお縄になるかもしれねえんだぞ。
>咲:だからあたしがそんなへまを仕出かさないようにしてやろうってんじゃないの。
>熊:大きく出たねえ。
>八:そんなこたぁお夏ちゃんに任せとけば十分なんだがね。
>咲:あら八つぁん、ご挨拶ねえ。あたしだって、あんまり見縊(くび)ったもんじゃないのよ。
>八:何を言ってやがる。碌(ろく)に書物も読まねえ癖に。お咲坊なんざな、お夏ちゃんに比べたらひよっこよ。世の中の道理なんかなんにも分かっちゃいねえだろう。
>咲:お言葉ですがね、そういう八つぁんは書物なんか読むの?
>八:自慢じゃねえが、生まれてこの方、仮名草紙だって読んだことがねえ。
>咲:やっぱり。道理なんかひとつも分かってない人から世間知らずなんて言われたくないわよ。
>八:お咲坊より20年も余計に生きてるんだ。ものごとの道理なんて自然と身に付いてきてるの。
>咲:へえ、そういうもんですかね。

>熊:目糞鼻糞だな。
>八:なんだそりゃ? 飲んでる席でそんなこと言うなよ、汚えな。
>四:違いますよ八兄ぃ。自分のことを棚に上げて他人のことを悪く言うことをそう言うんです。
>八:知ってるさ。そんでよ、お咲坊みたいに知ったか振りするやつのことを「蛸壺の中の蛸は海の広さを知らねえ」ってんだろ?
>熊:おいおい・・・。こんなに見事に墓穴を掘る奴、初めて見たぜ。
つづく)−−−≪HOME