=ことわざ(1)=

<第1章 初冬>
「掃き溜め甚兵衛長屋に鶴」
01.会うは別れの始め
02.青菜に塩
03.青は藍より出でて藍よりも青し
04.秋の扇
05.秋の日は釣瓶落とし
06.悪事千里を走る
07.麻の中の蓬
08.頭の上の蝿も追えぬ
09.悪貨は良貨を駆逐する

10.圧巻

11.羹に懲りて膾を吹く
12.後足で砂を掛ける
13.後の祭り
14.痘痕も靨
<第2章 正月>
「豪腕源五郎の純情@」
15.危ない橋を渡る
16.虻蜂取らず
17.雨垂れ石を穿つ
18.網呑舟の魚を漏らす
19.雨降って地固まる
20.鮑の片思い
21.鞍上人なく鞍下馬なし
22.石が流れて木の葉が沈む
23.石に漱ぎ流れに枕す
24.石の上にも三年
25.石橋を叩いて渡る
26.医者の不養生
27.交喙の嘴
<第3章 弥生>
「豪腕源五郎の純情A」
28.急がば回れ
29.鼬の最後っ屁
30.鼬の道切り
31.一言以ってこれを蔽う
32.一事が万事
33.一字千金
<第4章 梅雨前>
「堅物熊五郎の憂鬱@」
34.一難去ってまた一難
35.一葉落ちて天下の秋を知る
36.一挙両得
37.一刻千金
38.一刻千秋
39.一将功なりて万骨枯る
40.一瞬先は闇
41.一寸の光陰軽んずべからず
42.一寸の虫にも五分の魂
43.一斑を以って全豹を卜す
44.鷸蚌の争い
<<ことわざ一覧>>
 1.23456789101112
掲示板
ホームに戻ります。
[慣用句TOP]に戻ります。