出典名

かな

出典名

かな

青砥稿花紅彩画 あおとぞうしはなのにしきえ
   
  秋夜長物語 あきのよながものがたり
うし
牛飼

うしかい?

商人軍配団 あきんどぐんばいうちわ? 卯地臭意 うじしゅうい
嗚久者評判記 あくしゃひょうばんき? 宇治拾遺物語 うじしゅういものがたり
悪太郎 あくたろう 鶉衣 うずらごろも
悪坊 あくぼう 啌多雁取帳 うそしっかりがんとりちょう?
安愚楽鍋 あぐらなべ 右大将鎌倉実記 うだいしょうかまくらじっき?
明烏後正夢 あけがらすのちのまさゆめ 歌占 うたうら
阿漕 あこぎ 打聞集 うちぎきしゅう
  阿含経 あごんきょう 卯月の潤色 うづきのいろあげ
  浅井三代記 あさいさんだいき 卯月の紅葉  うづきのもみじ
  あさぢが露 あさじがつゆ 宇津山小蝶物語 うつのやまこちょうものがたり?
朝比奈 あさひな 宇津保物語 うつぼものがたり 
足利季世記 あしかがきせいき 優婆塞戒経 うばそくかいきょう
阿闍世王経 あじゃせおうきょう? 梅の春 うめのはる
蘆屋道満大内鑑 あしやどうまんおおうちかがみ  梅柳若葉加賀染 うめやなぎわかばのかがぞめ?
阿毘達磨倶舎論 あびだるまくしゃろん 浦島年代記 うらしまねんだいき
油商人廓話 あぶらしょうにんくるわばなし 恨之介 うらみのすけ 
油屋与兵衛 あぶらやよへえ 運歩色葉集 うんぽいろはしゅう
阿部一族 あべいちぞく  
   
  安倍宗任松浦 あべのむねとうまつらきぬかさ?  
栄花物語 えいがものがたり
   天草本  あまくさぼん  
悦賀楽平太 えがらのへいた
  操草紙 あやつりそうし ?  
易経 えききょう
菖蒲前操弦 あやめのまえみさおのゆみはり?   ゑしま物語 えしまものがたり?
有明の別 ありあけのわかれ? 越絶書 えつぜつしょ
鴉鷺合戦物語 あろがっせんものがたり 江戸生艶気樺焼 えどうまれうわきのかばやき
安斎随筆 あんざいずいひつ 江戸紫根元曾我 えどむらさきこんげんそが?
晏子春秋 あんししゅんじゅう  淮南子 えなんじ
      犬子集 えのこしゅう
伊賀越道中双六 いがごえどうちゅうすごろく 烏帽子折 えぼしおり
伊賀越乗掛合羽 いがごえのりかけがっぱ 絵本合法衢 えほんがっぽうがつじ 
居杭 いぐい 絵本太功記 えほんたいこうき
生玉心中 いくだましんじゅう 絵本太閤記 えほんたいこうき
生玉万句 いくたままんく 延享廿歌仙 えんきょうにじゅっかせん?
十六夜日記 いざよいにっき 塩山仮名法語 えんざんかなほうご
石山本願寺日記 いしやまほんがんじにっき? 燕丹子 えんたんし
和泉式部集 いずみしきぶしゅう? 塩鉄論 えんてつろん
和泉式部続集 いずみしきぶぞくしゅう? 艶道通鑑 えんどうつがん 
伊勢冠付集 いせかむりづけしゅう? 役行者大峯桜 えんのぎょうじゃおおみねざくら?
伊勢紀行 いせきこう 縁結娯色の糸 えんむすびごしきのいと?
伊勢集 いせしゅう    
伊勢平氏額英幣 いせへいじうめのみてぐら?
笈の小文 おいのこぶみ
伊勢物語 いせものがたり 笈の若葉 おいのわかば?
伊曾保物語 いそほものがたり
扇的西海硯 おうぎのまとさいかいすずり
イソップ物語 いそっぷものがたり
扇音々大岡政談 おうぎびょうしおおおかせいだん
一条摂政集 いちじょうせっしょうしゅう
王肯堂筆塵 おうこうどうひつじん?
一谷フタバ軍記 いちのたにふたばぐんき 往生要集   おうじょうようしゅう
一のもり いちのもり 近江源氏先陣館   おうみげんじせんじんやかた
一休咄 いっきゅうばなし 王陽明全集 おうようめいぜんしゅう
一茶真蹟集 いっさしんせきしゅう? 大江山 おおえやま
井筒業平河内通 いづつなりひらかわつどおり 大鏡 おおかがみ
一杯奇言 いっぱいきげん?  大倉虎明本狂言  おおくらとらあきぼん
一遍上人語録 いっぺんしょうにんごろく  大蔵虎寛本狂言  おおくらとらひろぼん
いつを昔 いつをむかし 大塔宮曦鎧 おおとうのみやあさひのよろい
糸桜本町育 いとざくらほんちょうそだち 御国入曾我中村 おくにいりそがなかむら?
田舎談義 いなかだんぎ? 阿国御前化粧鏡 おくにごぜんけしょうのすがたみ
犬筑波集 いぬつくばしゅう 奥の細道 おくのほそみち
異聞集 いぶんしゅう? 小栗十二段 おぐりじゅうにだん
今鏡 いまかがみ 右近左近 おこさこ
今参 いままいり 幼稚子敵討 おさなごのかたきうち
今宮心中 いまみやしんじゅう 教草女房形気 おしえぐさにょうぼうかたぎ
当風辻談義 いまようつじだんぎ 小塩 おしお
当世下手談義 いまようへただんぎ お染久松色読販 おそめひさまつうきなのよみうり
伊文字 いもじ 落窪物語 おちくぼものがたり
妹背山婦女庭訓 いもせやまおんなていきん 落葉集 おちばしゅう?
入間詞大名賢儀 いるまことばだいにょうかたぎ お茶の水 おちゃのみず
伊呂波 いろは  御伽草子  おとぎぞうし
祝井風呂時雨傘 いわいぶろさみだれがさ ? 鬼鹿毛無佐志鐙 おにかげむさしあぶみ
引照旧新約全書 いんしょうきゅうしんやくぜんしょ 小野道風青柳硯 おののとうふうあおやぎすずり
    お初天神記 おはつてんじんき?
    思出の記 おもいでのき
上杉家文書 うえすぎけもんじょ 思花街容性 おもわくくるわかたぎ?
浮世親仁形気 うきよおやじかたぎ  御湯殿上日記 おゆどののうえのにっき
浮世柄比翼稲妻 うきよづかひよくのいなずま 阿蘭陀丸二番船 おらんだまるにばんせん
浮世床 うきよどこ 折句式大成 おりくしきたいせい?
浮世風呂 うきよぶろ 折句大全 おりくたいぜん?
浮世物語 うきよものがたり 折句袋 おりくぶくろ?
うぐいす 恩愛二葉草 おんないふたばぐさ?
雨月物語 うげつものがたり 婦系図 おんなけいず 
    女殺油地獄 おんなごろしあぶらのじごく 
― 慣用句のTOP ―
<次ページ>